サガノマサカズ、KAKUTAに成りました。


ヰタ・マキ#08 ビート・シガレッツ稽古場にて(撮影:2003年4月15日)



皆さま、お久しぶりでございます。

ヰタ・マキです。

ヰタ・マキのHPなのに「ヰタ・マキです」と書き出さなきゃならないほど久しぶりの

ヰタ・マキです。

総選挙で、馬場の弟の誕生日で、夏の終わりな雰囲気の本日、

そんな微妙に重要そうな日に、皆さまにお知らせがございます。

お久しぶりのお知らせ、略して

『お久らせ』

意味不明なので、もう使いません。



さて、そんなお久らせの内容は

サガノマサカズがKAKUTAの人に成りました!

です。

エンゲキユニット ヰタ・マキニカリスの創設メンバーである

北海道出身の“マサ”こと佐賀野雅和は

ヰタ・マキの前身、激団・三味一隊の頃、本郷小次郎により発見され

一方的に話しかけられ、一方的に気に入られ

流れるように流されるように僕たちの仲間になってくれました。



それから沢山の時間が流れて

積み重なるように流れて

このたび佐賀野雅和は

ヰタ・マキを辞めてKAKUTAに入団することになりました。

KAKUTAは、僕たちヰタ・マキが最も信頼している団体です。

なぜなら、ヰタ・マキ客演陣の中で最多出場を誇るロングトールレディ

高山“トーテムポール”奈央子さんの所属している劇団だからです。

つまりこれからは

高山奈央子さんを観に行くと

佐賀野雅和もついてくる。

そんなお得な状態となります。



転校のようなお別れではなく

両親のお仕事の都合でもなく

人事異動のような配置替えに近いかもしれません。

舞台という狭くとも無限な世界の中でマサは

ヰタ・マキ部からKAKUTA部へと転属したわけです。

今回の配置替えの英断は

太陽系の並び替えよりも偉大だ。

偉大だよ、マサ。



寂しさを隠さず

嬉しさも隠さず

皆さまどうかこれからも

KAKUTAの佐賀野雅和を

よろしくお願いします。



そしてKAKUTA

この先のいつか

ヰタ・マキがヰタ・マキとして舞台をやる際は

どうか佐賀野雅和(KAKUTA)を

客演さんとして貸し出してくださいませ。

ぃゃホント、これ本当にお願いします。





サガノマサカズ、KAKUTAに成りました。

ヰタ・マキはそれを、応援します。




2009.8.30

ヰタ・マキ






ヰタ・マキ#05 海のYeah!OPスライド写真より ヰタ・マキメンバー+川上冠仁(敬称略)(撮影:2001年8月)